スポーツ障害|コスモ鍼灸整骨マッサージ院

スポーツ障害

スポーツ障害について

1.スポーツによる外傷

2.使い過ぎによる筋肉などに痛みを及ぼすもの

 

 

①野球肘

ボールの投げ過ぎの動作などで、肘に負担がかかり過ぎたことにより、関節に障害が起きてしまいます。症状としてはひじの痛みを伴います。また肘が思うように動かなくなり、伸ばすことができにくくなります。


悪化すると、軟骨や骨にまで障害が及んでしまいます。

 

 

 

スポーツ障害の対処法

スポーツ障害は、子供や成長期におこりやすいものです。将来のことも考えて、スポーツ障害にかかったら、安静にして正しい治療を受けることが必要になります。治療する時期が遅れたりして悪化させてしまうと、手術が必要になったり、完全に治療できないことがあります

 

子供は、痛みを隠していたりすることが多いので、ちょっとでもおかしいと思ったら、当院へお越しください。

 

当院の治療

スポーツ障害は、いわるゆテニス肘や、野球肘と言われるもので使いすぎが原因です。また、ランニングなどによって、足膜腱膜炎(足底の痛み)を起こしたり、オスグット(ひざ下の痛み)、鵞足炎(ひざの内側の痛み)を起こすことがあります。


当院では、患者さまのスポーツ障害の程度や痛みの具合を見極め、最適な治療を行います。また、当院では治療だけではなく、痛みをおこさないような、患部の使い方、正しい筋肉の動かし方などをお伝えするします。患者さまにおうじた運動指導で、今後のスポーツ生活もスムーズになるようアドバイスさせていただきます。